So-net無料ブログ作成

猫まみれな日々「龍馬お帰りなさい」 [外猫ファミリー]

今日、龍馬を深大寺で荼毘に付しました。
28-2-2-a.jpg
お花と好きだったオヤツを沢山持って、龍馬は天に昇って行きました。

28-2-2-b.jpg
キレイな姿になって今頃はおもいっきり走り回っているかしら?

28-1-23-e.jpg
右前脚を骨折したのはおそらく1月6日頃、骨折の原因は分かりません。
1月9日に龍馬がずっと猫ハウスにいるとIさまに聞き、10時頃に会いに行ったら私の顔を見た途端、猫ハウスから飛び出しいなくなりました。
最初は捻挫かと思っていたので11日から痛み止めを与えて貰うようにIさまにお願いしました。
何度かIさまも保護しようとしたのですが、部屋に閉じ込めると騒がれたので出したとか、抱っこしたら大暴れされたので離したとかが続き、龍馬はすっかり警戒して猫ハウスに近づかなくなりました。
1月14日に夕ご飯を食べに来たので保護しようとしたら逃げられてしまったと報告を受けました。
最後に姿を見かけたのが1月16日、シッターさんがご飯をあげに行ったところ龍馬が来ましたと連絡が来ました。
それからはほぼ毎日、捕獲器をかけ続けたのですが関係ない子ばかりかかりました。
朝ごはん時には会えず、夕ご飯にも全く姿を現さなくなりました。きっとどこかでゆっくり休んでいて私達が来ない時間帯に置きご飯を食べに来ているはずと思っていました。
訃報が届いたのは2月1日、龍馬によく似た子がIさま宅の近所で保健所に引き取られたと聞きました。
シッターさん達が確認に行ってくださったのですが、まぎれもなく龍馬でした。
ケガをし体力が落ちた状態で落ち着ける安全な場所に身を潜めていたのですが、そのまま亡くなってしまったようです。
6年間、毎朝ご飯を届けに行き、顔を腫らしたりした時は抱っこして薬を飲ませていたのに、最後の最後に頼ってくれなかったことが残念でなりません。
龍馬のボスとしての矜恃だったのでしょうか?

応援してくださった皆さま 心から感謝しています。ありがとうございましたm(_ _)m
龍馬が身を挺して守っていた仲間たち、シッポ、ユッキー、クロベエ、お軽、フク、サバの為にもおばちゃんはこれからも頑張ります。

龍馬、本当にお疲れさま。

nice!(35)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 35

コメント 12

えのみ

龍馬くんも最後まで頑張ったのに、本当に残念でなりません。
やはり怪我をしていると警戒が強くなるのでしょうか?
溺愛さん、Iさん、シッターさん本当にお疲れ様でした。
空の上からお礼を言っていることと思います。
他の兄弟のことも見守っていてくれるでしょう。
これからも他の子たちのお世話も頑張ってくださいね。

by えのみ (2016-02-03 00:42) 

OMOOMO

涙でまだコメント描けません、荼毘に付していただいてよかったですね。溺愛さんおつかれさまでした。
by OMOOMO (2016-02-03 02:39) 

カトリーヌ

最期の姿を見せたくなかったのかも
しれませんね。本当に残念です(Τ^Τ)
溺愛さま、お世話されていたみなさま
お疲れさまでした。
荼毘に付してもらえてよかったです。
お仲間には彼の分まで長生きして
いただきたいですね。
ご冥福をお祈りいたします。
by カトリーヌ (2016-02-03 07:54) 

ojioji

龍馬くん、安らかに
そして、溺愛猫的女人さま並びに関係者の皆様、
本当にお疲れ様でした
龍馬くんのことを知った矢先のことで残念です。
「ボスとしての矜恃」、全く同感です。誇りを保ったままひとりで旅立った龍馬くん、本当に偉いなあと思います。現代日本人も斯くあるべしとおしえてくれたようです。ストラップ楽しみにしております。
by ojioji (2016-02-03 09:05) 

りみこ

龍馬くん…
忙しさにかまけて色々とお送りしようと思っていたものが
間にあわず無念な想いを抱いております
溺愛さんたちお世話していらっしゃる方々の心中を思うと
何とも言いようがありません。
残った他の子たちが平穏に日常を送れるように祈っております。
お送りしたいもの、近いうちに送ります。
溺愛さん、お力落としのありませんように…
心のよりご冥福をお祈りいたします
by りみこ (2016-02-03 09:21) 

まめ

きっと、最初は痛いのに触られるのがイヤ!とかいう
ことだったのでしょうが、やはり、最後の最後を
見られたくないという気持ちだったのでしょうね。
それは今まで色々お世話になってたからこそ、最後は
迷惑をかけないで…という猫心。
ご冥福を祈ります。
by まめ (2016-02-03 12:23) 

mitsuya

こんな悲しいこともあるんですね。あまりの事に言葉もないです。警戒して逃げてたということですが溺愛さまの気持ちはしっかりと伝わっていたと思いますよ。心よりご冥福をお祈りします。
by mitsuya (2016-02-03 12:36) 

さとみ

悲しいですね。
お外の子を守るといっても
限界があるから仕方ないことですが、
辛いですね。

でも最後に会えたからよかったですよ、
ご飯を食べに来なくなって
それっきり、という子が多いですから。
by さとみ (2016-02-03 15:24) 

YAYOI

溺愛様、お疲れ様でした。
龍馬くん、残念です。
ボス気質ゆえに弱ってる所を見せたがらなかったのかもしれませんね。

作っていただいたアクセ、お気に入りになってます。
ありがとうございました。
by YAYOI (2016-02-03 23:30) 

りる

龍馬くん、どうか安らかに…。
by りる (2016-02-04 00:59) 

溺愛猫的女人

☆(≧∀≦*)ノ返信にゃ☆

皆さま、ありがとうございましたm(_ _)m
保護し治療してお外での暮らしが困難になったら溺愛家の八男にしようと企んでいました。
龍馬は姫ちゃんのお兄ちゃん、きっと姫を見たら喜ぶかなとも思っていました。
とても残念な結果になりましたが、龍馬の6年間の猫生は素晴らしいものでした。
これからも外猫ファミリーを応援してくださいね。

by 溺愛猫的女人 (2016-02-04 19:35) 

TAKUMA

龍馬君、とうとうお会い出来ませんでしたが、どうか安らかにお眠りください。
by TAKUMA (2016-02-05 15:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0