So-net無料ブログ作成
検索選択

猫まみれな日々「ジンの法要」 [ジン]

昨日は坊千代さんでジンの法要を行いました。
28-9-18-a.jpg
ブーケはりるさんからのお心遣い[ぴかぴか(新しい)]ありがとうございましたm(_ _)m

まずは
28-9-18-b.jpg
献杯[バー]

28-9-18-c.jpg
十五夜南瓜

28-9-18-d.jpg
糸縒と玉葱のスープ

28-9-18-e.jpg 28-9-18-f.jpg 28-9-18-g.jpg
坊千代ピッツァ三種 何だか忘れてしまったわ(;'∀')

8-9-18-g.jpg
豚ロース 万願寺

28-9-18-h.jpg
ほうじ茶ぷりん

どれも美味しくて中でも糸縒と玉葱のスープ、ほうじ茶プリンは絶品でした[ぴかぴか(新しい)]
お忙しい中、お集まりいただいたフクさん、りるさん、YAYOIさん、TAKUMAさん、相方、お疲れさまでした。ジンの事を偲んでいただき、ジンも喜んでいると思います[揺れるハート]

28-9-18-i.jpg
りるさんが描いてくださったジン、とても男前に描いていただきありがとー[わーい(嬉しい顔)]

nice!(15)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

猫まみれな日々「ジンの命日」 [ジン]

今日はジンの一周忌です。
28-9-17-a.jpg
溺愛家のボス"ジン"
子猫時代のピートと鷹男を保父のように可愛がり、新しい子が来ても決して苛めたりしない立派な猫さまでした。

28-9-17-b.jpg
姫ちゃんはジンが大好きだったね。

28-9-17-c.jpg
ジンも姫ちゃんがいてくれたから、病に負けず頑張れたんだね。

ジン、こちらはそれなりに日々を過ごしています。とら兄ちゃんやピーちゃん、鷹男のことをよろしくね。
ママは時々、無性にジンの「アボーン!」が聞きたくなります。寂しいな。
nice!(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

猫まみれな日々「ジンの闘病記 9」 [ジン]

9月に入ってからジンは足元がおぼつかなくなり、今までの猫砂トイレでシッコが出来なくなりました。急遽このしつけ用ステップ壁付きトイレを購入しました。
27-10-1-c.jpg
このトイレは段差がないので、これにペットシーツを引いてあげたところ、旅立つ一日前までここでシッコをしてくれました。

27-10-1-a.jpg
9月4日、心臓から流れ出た血液が腹水として溜まるようになり、腹水を体外に排出するよう治療を続けました。
腹水が溜まると内臓を圧迫し、食欲が減退し衰弱が早まると先生は危惧されていたのですが、二日前までジンは食欲が落ちることはありませんでした。
最後は息を吸うのも辛かったろうに、よく頑張ってくれたと先生は感心されていました。

27-10-1-bのコピー.jpg
溺愛家のボス"ジン" 天晴な猫生でした。

閉院されるまでジンを診てくださったダクタリ動物病院の砂原先生、ジンを可愛がってくれた看護師の土屋さん、そして最後までお世話になったハル動物病院の関先生、留守の度にジンの面倒を見てくれたキャットシッターにじねこ舎のみねこシッターさん

長い間ありがとうございましたm(_ _)m

nice!(24)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

猫まみれな日々「ジンの闘病記 8」 [ジン]

2015年1月20日
27-1-20-b-dca5b[1].jpg
ジンは16歳の誕生日を迎えました。

エコー検査でジンの心臓の右心室の弁がうまく機能していないと診断されました。
弁がちゃんと閉まらないと血液が逆流し澱となり、それが血栓となり詰まる可能性があると告げられました。
扁平上皮癌は転移しない癌と言われているのですが、肝臓の横にも腫瘍が見つかり、この頃から少しずつジンの体重が減ってきました。


27-1-20-c-e724c[1].jpg
優しい姫ちゃんに支えられ、ジンはそれから8ヶ月も頑張ってくれました。


nice!(18)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

猫まみれな日々「ジンの闘病記 7」 [ジン]

2014年秋
27-9-26-c.jpg
左目は腫瘍に圧迫され、ほとんど塞がってしまい、おでこの膨らみでご飯をうまく食べられなくなって来ました。

27-9-29-a.jpg
ご飯を円錐形に盛り、食べて崩したらまた円錐形に盛ってあげました。こうするとおでこが邪魔にならず食べ易かったようです。

27-9-29-b.jpg
お皿を台に乗せ、おでこが壁につかえないよう手前に置きました。この壁がないとお皿をどんどん前に押して落としてしまうので、この位置がベストでした。

27-9-29-c.jpg
お水も小さな器だと飲みにくそうなので、風呂場の洗面器2個にお水を用意しました。

27-9-27-a.jpg
いつもジンに寄り添っていた姫ちゃん[揺れるハート]

15歳までジンはカリカリは食べず鶏肉オンリーでしたが、nakonakoさんやまりみるさんからいただいた高級牛肉や本マグロのお刺身は喜んで食べるようになりました。
猫さまってかなりグルメですよね。
nice!(27)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

猫まみれな日々「ジンの闘病記 6」 [ジン]

2014年4月 今までジンがお世話になっていたダクタリ動物病院が院長先生ご高齢のため閉院しました。主治医の砂原先生が他の病院に移られるまで、近所の病院で一時お世話になりました。
9月に砂原先生がコジマ練馬動物病院に移られたのですが、家からコジマまで自転車で35分、平日でも治療を終えてから薬を貰うまで2時間待ち、ジンの病状がもっと悪くなったらこれは通えないと悩んでいたところ、なんとマンションの横にハル動物病院が出来ました。
病院まで30秒、治療を終えたらジンを部屋に連れ戻り、それから支払いと薬を貰いに行けるので通院がとても楽になりました。

この年の夏から
27-9-28-b.jpg
ジンの寝場所はお風呂場になりました。ほの暗くて涼しいのが妙に気に入っていたようです。
シャワーを浴びたい時にはジンに出てもらい、ささっと済ませてたのですが、それでも入ってる間中「早く出ろニャー! まだかニャー! 」とずっと文句言われました。
来年の夏は寂しくなりそうです。

nice!(20)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

猫まみれな日々「ジンの闘病記 5」 [ジン]

2013年10月16日
27-9-26-d.jpg
ジンのおでこがどんどん膨らんできました。この頃に「扁平上皮癌では?」と先生から伝えられました。
どれくらいの大きさで、どこまで広がっているか、CT検査やMRI検査、組織検査はせず、今後、鼻血以外に出てくる症状(食欲不振・呼吸困難・発作(神経症状))に対して、そのつど対処していただくよう先生にお願いしました。

27-9-27-dのコピー.jpg 27-9-27-e.jpg
左目が腫瘍が大きくなにつれ、だんだん塞がり目から流れでる汚れで涙やけのようになってしまうので、ホウ酸をスプレーし目のまわり専用の洗浄綿で汚れた部分を拭きました。

ジンは膿が垂れると気になって手でゴシゴシとこするので手もかなり汚れました。
お湯で汚れが落ちないので、オキシドールをスプレー容器に入れ希釈したものを汚れたところにふきかけ、汚れが取れやすくなってから拭いていました。
顔周りの汚れは皮膚洗浄綿で拭きました。

畳や壁に付いた膿はオキシドールの原液をコットンに付け、しばし置いておくと膿が浮き上がり簡単に取れます。オキシドールは優れものです。

27-9-27-b.jpg
毎日、ジンに薬を飲ませ、手当てをし、嫌なことをいっぱいしました。
それでも「アボォーン!」と言いながらも頑張ってくれたジン、偉かったなと思います。


nice!(17)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

猫まみれな日々「ジンの闘病記 4」 [ジン]

6月21日
27-9-26-a.jpg
この頃からジンのおでこに腫瘍からの膿が溜まるようになりました。
月に一度おでこを切開し、膿を抜いてもらいました。腫瘍が大きくなるにつれ、2週間に一度になり、毎週になり、最後は傷が塞がらず膿が垂れるままとなりました。

毎回、病院から戻ると姫ちゃんが寄り添ってくれました。姫ちゃんのそうした優しさがジンの奇跡の3年間に繋がったのかもしれません。


その年の夏、ジンがお風呂場の水道を飲むことを覚えました。
25-9-3-a[1].jpg
水道水を流したままゴキュンゴキュンと飲むのを気に入ったようで、一日何回も「アボォーン、アディォース(訳:水をだしてくれぇ~!)」と催促するようになりました。
スコティッシュの特徴としては鳴き声が鈴の音のように小さく可憐とか書かれているのですが、ジンの声は大きくてドラの音のようでした。


nice!(20)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

猫まみれな日々「ジンの闘病記 3」 [ジン]

2013年4月8日 
27-9-25-a.jpg
この頃から毎週一回通院して眼圧検査と点滴を行いました。
先生からは体力が落ちることが一番心配なので、ジンくんの好きなものをどんどん食べさせてくださいと言われました。
ジンの好物は鶏のむね肉を茹で細かくし、それに缶詰を混ぜたもの、亡くなる二日前までずっと喜んで食べ続けてくれました。

処方薬以外に癌に効くというサプリメントをいろいろと試しました。

アムリット動物長生き研究所
姫マツタケリキッド
プラナグロウ
メシマコブ

腎臓に効くというサプリメント

論より証拠
キラキラ水素

どれが効いたのか分かりません。
ジンがスコティッシュにしては丈夫な体質の持ち主だったのかもしれませんが、良いと思われるものは何でも試しました。ご飯に混ぜても嫌がらずに食べてくれるので、その点は助かりました。
薬はピルポケットに包んでまとめて飲ませました。
(ピルポケット関連記事はこちらを http://ade8ko.blog.so-net.ne.jp/2015-07-02 )

27-9-24-a.jpg
姫ちゃんと一緒に、お気に入りのキャットタワーでくつろぎ中[るんるん]


2013年6月3日
27-9-24-b.jpg
Oさま宅で黒ママと子供たち4匹を保護しました。
黒ママはリリースし、子猫4匹の里親募集が始まりました。出戻ったり、嫁ぎ先で行方不明になり北海道まで連れ戻しに行ったり、まーくんがうちの七男となり、ゆずちゃんは世田谷へ、虎太朗くんは練馬、はんぞうくんは川越に嫁ぎ、幸せな猫生を過ごしています。
里親募集のバタバタで鷹男さまとピーちゃんが続けて旅立った悲しさが、かなり軽減されました。



nice!(24)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

猫まみれな日々「ジンの闘病記 2」 [ジン]

2013年1月22日
27-9-23-b.jpg
ジンの鼻出血はずっと続いていました。そして左目の眼圧が上がり、2次性緑内障と診断され、眼圧を抑える目薬を処方されました。
血液検査の結果、腎臓のBUN(尿素窒素)とCREA(クレアチニン)が高くなっていたので、ネフガードを飲ませることになりました。

2月1日
27-9-23-a.jpg
おでこが少しずつ隆起し、この日、鼻腔腫瘍の疑いありと診断されました。

治療法としては外科手術、抗がん剤による治療、放射線治療を提示されたのですが13歳という年齢を考慮し、抗生物質やステロイド、鼻血がひどい場合は止血剤などを利用し、今までと変わらず日々を過ごせる治療を行なうことにしました。

ジンは小さな時からフードファイター[exclamation]

とらと残ったご飯の取り合いをしてました。

ジンのこの食欲が3年間の闘病を支えたかと思います。


この年・・・1月29日 溺愛家四男"鷹男さま"急逝しました。
肝機能障害の疑いがあり、病理組織検査のため手術を行ったのですが、そのストレスから急性腎不全となり術後4日目に旅立ちました。助けたくて手術を行ったのに命を縮める結果となってしまい、かなり深く落ち込みました。

3月27日 三男"ピート"が旅立ちました
鷹男さまが旅立った頃に三男"ピート"の下顎が腫れているのに気付きました。2月7日に扁平上皮癌と診断されてから、わずか一ヶ月半の闘病でした。

(つづく)

nice!(26)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット
メッセージを送る
[メール]はこちらから送ってくださいね[るんるん]